いつまでも残す事ができるオリジナルTシャツは一生色褪せない大切な思い出

TOP > Tシャツ > Tシャツ作成 > デザインを考える

デザインを考える

参考にする資料をたくさん集める

あまり自分で何かのデザインを考えるという機会は日常生活の中ではないかもしれません。

何から始めたらいいのかわからないという人はぜひ、資料集めを行う所からスタートしてみましょう。また、オリジナルTシャツのプリントを行ってくれる会社のホームページの中に実際にサービスを利用した人の参考例などがたくさん紹介されている事もありますので、きっと見ていただけると参考になるのではないでしょうか。

その他にもTシャツのデザインについて調べてみましょう。やはり何か参考にする物があればかなり、デザインが考えやすくなったのではないでしょうか。いい物をたくさん見るという事はいいいデザインを考える際にとても重要な事であると言えるでしょう。

マネはいけませんが、参考にするだけであれば問題ありません。

本当にこれでいいのか何度も見直す

いいデザインが思いついたからと言って、すぐに入稿してしまうのではなく、できれば少し時間を置いて見直してみる事をおすすめします。

時間を置く事で客観的に見直す事ができます。後になって、やっぱりこうすればよかったと後悔はしたくないですね。そして、更に完成度を高めておく事も大切です。

忘れてはいけないのはスペルの確認です。スペルミスは誰が見ても間違いだとわかってしまいます。自信がない場合には、必ず辞書を使って調べて置く事をおすすめします。また、データを入稿する前には会社がしている形式のデータで正しく保存する事ができているか確認しておきましょう。

間違ったデータで入稿していると、やり直しを行う間に間に合わなくなってしまう事も考えられますので注意しましょう。

多くのTシャツ作成はシルクスクリーン方法がおすすめです

シルクスクリーンと呼ばれる方法で多くの企業がTシャツ作成を行っています。シルクスクリーンはシャツ作成に向いていて、市販で販売しているシャツはほとんどがシルクスクリーン方法で作られています。

この製法は1柄、1色ごとに版を用意して、版に色を直接入れてシャツを作成していきます。インクを直接付けることによって、鮮やかな色を出すことが出来ますので、理想的なシャツを作成することが出来ます。大量生産をするチームウェアやクラスシャツなどにも向いている製法で、版を1度製作してしまえば追加製作は塗料だけなので、安価で短納期でシャツを製作することが出来ます。

デジタルコピー転写なら理想のTシャツ作成が出来ます

専用シートをパソコンで印刷して、プリンターで作成した用紙に色を圧着する為に糊処理を行い、シートをシャツに圧着しTシャツ作成をするデジタルコピー転写では、フルカラー印刷をすることが可能なので、どれだけ色数を増やしても金額は同じです。

発色が良い為に、グラデーションや細かな色をシャツに印刷した場合におすすめの印刷方法です。鮮やかな色が多数使われているアロハシャツなどを作成する場合に多く使用される作成方法で、パソコンでデザインしていくことが出来るので、より理想的なTシャツ作成をすることが可能となっています。

こんな記事も

Tシャツ作成にはまずは下準備を

オリジナルTシャツのデザインを考える

プリント加工を行うオリジナルTシャツ

Tシャツ作成関連

メニュー

TOP Tシャツ作成 オリジナルTシャツ Tシャツ オリジナルTシャツを大阪のお店の制服に Tシャツの参考例を見ながらデザイン考案

お店のユニフォームでオリジナルTシャツ作成をお考えなら、オリジナルTシャツの作成方法、費用などをチェックしましょう。ポロシャツや長袖Tシャツ、オリジナルキャップは東京都や大阪府、京都府、愛知県、福岡県といった全国対応のTシャツ専門業者にお任せください。

掲載のオリジナルTシャツ作成の情報以外のお問い合わせはこちら